■南部流更木鹿踊■なんぶりゅうさらきししおどり
…がモデルの五十八代目TOP絵に使用した元絵。
岩手県北上市。ちゃんと鹿姿のもいつか描きたいです…
春日流、金津流、行山流が多い中、南部流を名乗っている団体。私にはまだあんまり違いが分かりませんが(未熟者)
ただ、お囃子、踊りを全て一人でこなすのが特徴の太鼓系鹿踊りで、ここは笛の人が他にいる時があるみたいです。
まだ見たことないので確かなのかはわからない…。
本来の姿は、幕が上半身をすっぽり包みます。人間らしいものが見える部位といったら手と足だけです。
色と造形、踊りとその構成とか…本当に私好みの芸能が、岩手にざっくざっくある。