ボビー・フィッシャーを探して ----■
すごい私好みだー!!
とにかく子役がうまいよ。あのだらしない靴の感じとかいいな。で、チェス。これほんと初めてみたときもビックリしました。将棋はやったことあったので似たようなもんだと思ってたけど、こんなスピードゲームなの?!と思いました。時計をカチカチ押していく音が心地よいです。
しかもこれ実話を基にしてるんですね、わぁああ!
この映画で、父や先生のセリフにひとつも共感しませんでした。イライラしてたまりませんでした。ジョシュにとってそれがフラストレーションではなく悲しみになってたところがもう、好みだ!!
それでジョシュが壊れてしまうのかハラハラしました。負けることが怖いから勝たなくていいって思ったジョシュ、という解釈は違うと思うんだが…。
いつだってお父さんの事を気にしていたんだ…、最後の決勝で、最後の最後で
「わからない、わからない、パパ、許して」
とか頭の中で言うシーンが ドゴオオーンと来ました。なんて繊細な子だようわぁあ涙。
相手の子も立派な棋士になるといいなぁ。ジョシュもジョナサンも同じ天才だけど、天才の育て方は一通りではないんですね。その子自身を見ないといけないんだなぁ。お母さんは理解者ですね。でもべったりなお母さんじゃなくてそこもまた好感が持てました。あとモーガンとの友情がとても私好みでした。色々私好みでした。ジョシュの繊細さってのがまさに私好みでした。
とにかく天才少年って かっこいい。 そのひとことだな〜
天才映画ってスカっとするな〜、失敗しないから(笑)。失敗したらしたでまた好み映画なんですが(笑)。ボビー・フィッシャーの映像とか組み込む演出もすごくかっこよかった。検索したらぎょっとする記事が見つかっちまいましたが。まぁそれはそれ。