バティニョールおじさん ----■
1942年、パリ。肉屋兼惣菜屋のバティニョールは生粋のフランス人だけれど隣人のバーンスタイン一家はユダヤ人。ドイツ軍によるユダヤ人検挙が始まるさなか彼らはスイスへ逃亡を計画するが、バティニョールの娘婿の密告によって検挙されてしまう。でも息子のシモンはどうにか逃げ出してきて、バティニョールは嫌々匿うことになってしまうが…。
タイトルも「バティニョールおじさん」だしポスターとか色々見る限りかなりほのぼの映画ーって感じなんだけれどちゃんとリアルがあった。キャラクター性がすごく考えさせられるというか、ほのぼのな雰囲気の裏にちゃんと問題を突きつけてくる。てかユダヤ人じゃなかったら随分生活穏やかなんだな…まぁ戦争がはじまる前だからかもしれないけど。当たり前に生活してる彼らと、ドイツ軍の目に怯えながらたくましく生き抜こうとするユダヤ人のギャップが奇妙だった。バティニョールとシモンの会話で、うろ覚えなんだけどおじさんが「戦争になっちまうよ」みたいな事を言ったらシモンがすかさず「戦争はもう始まっているよ」と言った、その2人の現実感の違いというか…。本当にユダヤ人にとってみたらあの時代はなんて世界が窮屈だったんだろうと思える。(「小さな赤いビー玉」では、ユダヤ人である事に自覚がなかったけれど)
シモンがすごかったー!!すんごいよあの子!でもただの頭のいい子、とは割り切ることが出来ないなあ。環境が彼をあそこまでたくましくさせてたんだろうな。生きることへの執着も映画中一番強かったと思う。戦争ってなに?とかわぁわぁわめくのが子供、っていう描写が全然無いのがいいなぁと思った。迫害されているからこそ何事にも執着したくましくなる、その一方で害の無い人たちは平和ボケしていって…。皮肉だなあ。
「どうしたらいいの助けておじさーん」とかいうんじゃなくて、「ヤツを利用してでも越境する!」っていうぶっとい根性持ったシモンに感動しました。(そしてイトコの2人を守るっていう兄貴的感情もあったんだろな)