8月14日


今日も夜明けの大合唱で目が覚めました。
どうやら「祈りの時間の始まりだよー」っていう合図みたいですね? 
こんな時間からお祈りするのか…
  そうか…   …(就寝


さて今日がやっと当初の予定のホテルで朝食です。
ここのホテルは別に屋上テラスってわけではなさそうだ。

朝食(※ほぼ提供されてるもの全てを皿に乗せた)


昨日との落差───…!!!?
い、いや!…いいんだけどね…!全然!


朝、すぐ近くにあるジャミィに立ち寄ってみました。ガイドブックには載ってないけど見た感じがすごく立派です。
結局入れなかったんですけど、何でこんな立派なのに「近所にあるちょっとしたジャミィ」みたいな扱いなの…
こんなの日本にあったら即重要文化財になると思うんですけど





今日の行動テーマは「博物館めぐり」
もちろんアヤソフィアも含まれてます!! 
アヤソフィアはいまは寺院としての機能はなく、博物館扱いなんだそうだ。

まずはトプカプ宮殿の隣にある「考古学博物館」へGO。
ちなみに今日はトプカプ宮殿が休館日なのだ。



途中、道っぱたでウンをする猫ちゃん 力んでいます。この後ちゃんと砂かけてて胸キュンはんぱなかった…


何故あるのか分からないけどトルコにもオベリスクが建っていて、


ここを経由して行ったらどこからともなく
こんなお兄さんが歩いてきました・・・

ここ、毎日来たんですけど、この人毎日このスタイルで歩いてきていました…
どうやってパン取るんだろ…
個人的にオベリスクより感動しました



水パイプだ〜! イスかわいい!

道中、お土産屋に寄りました。そこに子供用のズボンが売っててメッチャかわいかったので親戚のおみやげにと思って買ったんですが、うっかりして「○○TLです」と言われて素直に(全く値切らないで)その金額出したら、お店のお姉さんが
「・・・・・・・っっ!!( //゚□゚///)」 とたいそう驚いて感動されてしまいました。
別の店のおっさんとかに見られてたら絶対カモにされたろうな…!いかんいかん



考古学博物館とトプカプ宮殿をつなぐ門には門番が立っていて、
通り抜けるくらいならおkかなと近づいたら注意されてしまった。
う、撃つな!話せば分かるっ!!






考古学博物館、入ると石像がごろごろありました。


これはなんなの…?なんでみんな首がないの…泣!? 偶像崇拝禁止に関係してるのだろうか…
音声ガイドを一切使わない私たちには全くわからないのだった──…

館内は、棺、棺、棺だらけ!大理石!彫刻!! もうすごすぎる…
これって、トルコで発掘されたの?ギリシアで発掘したのを持ってきたの?ここの彫刻もけっこう顔が削られてたり首がなかったりするものが多かったけど、何でなの?自分に聞いたってわかりません


鳥人間…かわ…っ


このスフィンクス、ネバーエンディングストーリー(映画)に出てきたやつとそっくりで一人でギャーってなりました

ここにかのアレキサンダー大王の棺があったみたいなんですが、
写真に撮るのは華麗にスルーしてしまいました
なんかほんと すいません笑

エジプト的な、ミイラの棺みたいのもゴロゴロあるのだ。
私ちょっとミイラ棺を写真に収めるのが怖くて。。人骨は特にだめでしたので一枚もありません



謎のスタンド… 3本の足… 謎デザイン過ぎてこれは吹きました
何なの泣 夢に出てきたのこれ?!泣

しかし展示品が多すぎて、ヘットヘトになりました…足…足がアァ……ッ


お隣にあるタイル博物館。


陶器、ステキすぎる・・・!欲しい〜っ!!
陶器好きな母に見せたら奇声を上げていました。


敷地内にある考古学博物館、タイル博物館、古代オリエント博物館をまんべんなく回り、
まだ午前中ですけどすでに足のライフはゼロです



カフェ。イスにかけられたキリムがステキすぎる。こういう使い方が普通なんだろうなぁ。いいなあいいなぁ



さて… さて…  とうとう行きます… 待ってて!アギア!!
学校ではアギアソフィアって習ったから、アヤソフィアって最初別の建築物だと思ってたんだアギア!
ところで、あの長蛇の列はなに!? え?アヤソフィアの行列だと!?バカなーー!!!???

100mくらいの列が出来ていました…。
ええええ…いままでこんな行列なかったけど…なんで??ここまで混むの??でも諦めるわけには行きません並びましょう。並んでる時にも謎の日本語でフラフラ近寄ってくる男性がいましたが適当にあしらっていたら、そのうちの一人が
「混んでるネ〜〜だって〜〜 今日火曜日だからネェ〜〜」 と言って去っていきました。

私&友人「 そうだっ(゜□゜;)  昨日休館日だったから今日混むの当たり前だよね!!!しかも今日トプカプ休みじゃん!!余計混むよねーーー!!!」

全くそこまで頭がまわっていなかった二人であった。。


さあいざ!!! 

アヤ




フィ


アアアアアア










なに この感動





ブルーモスクと比べて暗く、痛みが激しい 

そして 天井ドームのマリア様のよこに アラビア文字 

不思議な空間 ふたつの宗教が ごちゃまぜになっている



おれ泣きそうだ



そして私はここに入ったときから必死にアレを探していた

魔女1巻(五十嵐大介著)でもっとも印象に残っていたもの… 天井の四隅に描かれた…


天使・・・


いた・・・・・・・



ひい… ひいいいい…  
鳥肌がすごかったです

顔しか出ていない、4枚で体を隠し2枚で空を飛ぶ六枚羽の天使が・・・・


ん?あれだけ、ちゃんと人の顔がある…何故だろう  というか、逆に何故他は顔がないのだ??



帰国後調べてみたら、あれは近年修復していたら、顔が出てきたものなんだそうだ。
な、ナンダッテー!!??しかも近年て。
もしかして他の3体も顔があるのかも…。 ゾ・・・ッゾクウウウ!!!
きっとこれは五十嵐大介が魔女を描いた時にはなかった事実です。
この発見があった後だったらどう漫画に影響したんだろー!


2階へ行きます!

階段ではなく石畳!滑りそう。ここはかつて馬車で通るために階段にしなかったんだとか。

ここに、あの有名な壁画がありました。
本来しっくいで塗り固められていた壁を剥がしたら、そこからキリストが現れた…

これが…!!


うわー・・・  うわーーーっっ うわああああああ



おれ泣いていいか…



他にも、マリア様の壁画や、キリストの壁画が数点ありました。
あとドームのマリア様を近くで見られるポイントがあったり。

なんだかもう ムネアツですねこれ…




アヤソフィアの窓からのブルーモスク


天使ミカエル様



2回の手すり部分にたくさんらくがきが。

きっと名前とか、「来たぜアヤソフィアー!」とか書いてあるんだろう。
文化財にらくがきなんかすんなよと思うのは、変な感じがしました。ここばっかりはね…


アヤソフィアはたまにTVの特集で見て、その激動の歴史を少しずつ知ったわけですが
逆に言えばイスタンブールのその他の歴史を私はほとんどわかっていないんでした。アタチュルクさんなんてこの旅行で初めて知りましたし…。でもアヤソフィアに来てみて、歴史を少しは知っているからこそ味わえる感動って、当たり前だけどやっぱりあるよな・・・と痛感しました。
とはいえ旅行に来る前に全部調べとけよ、とはあんまり思いませんけど。専門でもないし知らないものは知らない。調べ始めたらキリがない。
でも旅行して実際その地に訪れると、知りたくなります。どうしてこういう建築物ができたのか、
どんな歴史があるのか、そしてまた来たい、と思うようになる。それが私なりの旅行なのかな〜って思います。


さてさて、足のHP回復薬を求めて、レストランに行きましたよ!
オープンカフェでかわいー店でした。地下宮殿の近く。

これすっごいおいしかった!!
でも、トルコ料理なのかな?日本でもフツーに創作料理でありそうだなとか思ったりw
左に写ってるのが友人の頼んだもので、ナスの肉詰めみたいなやつ…
これはガイドブックに載ってました。おいしかった(´Д`*)

向こう側にある白い飲み物は友人が頼んだアイランというヨーグルトドリンク。
このあたりがヨーグルト発祥の地らしいです。飲ませてもらったら、薄いヨーグルトドリンクって感じで正直 うーん…(´Д`;)と言う味でしたが、これが
友人「肉料理と一緒に飲むとめっちゃ合う!m9(・∀・)」

トルコマジック!




町を歩くとあちこちにじゅうたん屋があります。

じゅうたんんんんん  ああ… ツボ・・・・・・・・・・

この子はこの格好のまま熟睡していました (*´Д`)ハァハァ
一度起きたんだけど、おっさんが伸ばすとまたこの格好で寝入ってしまったのだった (*´Д`)ハァハァ



お次は「トルコイスラム博物館」へ


この扉は魔方陣が描かれてるんでしょうか!!?



コーランだそうです
めっちゃおしゃれ



これの文字部分、螺鈿(らでん)なんだぜ・・・



ここでなにが素敵だったかってじゅうたんですよ

ぼろぼろだけどお祈り用のじゅうたんだそうです 使い込んだんですねぇ 


もう全部ツボ 色使い、デザイン、ぜんぶツボ!!!!!!!!


館内の次のエリアに行くたびにどんどんでかくなっていくじゅうたん



最終的にこんなでっかくなりました




装飾品です 

たぶんターバンにつけるんだと思います



トプカプでは写真に撮れなかったんでうれしい!見てくださいこの細工、おしゃれ!!すてき!!!!



今日も元気なオベリスクとブルーモスク(博物館からの景色)


キリムの民族展示室??みたいなとこ?? ここはマネキンで当時の生活を再現していました。

すごくよかった!!
このあたりの民族衣装大好きだけど、身につけていた衣装を飾られただけじゃちょっと感動が薄れます。
実際どう身につけていたのかが分かるから嬉しい。
案の定かわいいです。靴下とかフツーにこういうの今流行ってるじゃんっ



もうたまらん・・・ 民族衣装たまらん・・・
布ひとつひとつが全部ツボ… アクセサリーも全部ツボ…




あまりの暑さにアイスを!トルコアイス食べました!ドゥンドゥルマ!
店員がフザけないお店で買いました笑 のびるアイスっていうからどんだけ伸びるんだと思ってたけど
みょんっ  ってくらいだったな



そういえばトルコ来たからにはこれ写さないと!!
ケバブケバブ! もちろんあっちこっちでグルグルしていました


その後、もう少し買いたいものがあったので魔のグランドバザールにまた行きました。
なんかほんとここ、カフェあって正解だよ…。必要だよ…!カフェと言う名の避難所ですよ…
アホみたいにヘットヘトになります。

ヘットヘトになったためカフェでチャイをいただいた



チャイを日に5杯も6杯も飲むと言うトルコ人。実際しょっちゅう飲んでる様子が見られました。
近所のお店のおっちゃんとこにチャイをもっていくおっちゃんとか。
なんかチャイってトルコに来るまでミルクティーのイメージがありました。そして結構でかいグラスに入っているイメージ。
でもトルコでチャイというと、このちょっと丸みを帯びた10センチ程度のかわいいグラスです。
これに角砂糖を2個も入れれば、疲れた体にほっと染み渡るのだった…。
しかし狙ってないんだろうけど、テーブルクロスとかかわいすぎだよ…
日本だったら絶対オシャレを意識しまくったカフェになっちゃうよな〜。
もちろんこのカフェは若者向けオシャレカフェではありません。
こんな素敵なおっさんが、やる気半分でふるまってくれるのです。


お客さんだと思ったら店の人だった件



その後、足のライフを明日の分まで使い果たしましたってくらいヘットッヘットになったので
トラムでホテルに帰りました。
昨日の、ブルーモスク前の広場のお祭り騒ぎは今日もあるのか?!
と思って近くを通りましたが、昨日とまるで同じでした…
トルコ人、毎日お祭り気分。
そのエネルギーはどこからくるのか…

私たちはそのままホテルに帰りました  
HP回復はもうアイテムじゃ間に合わない。宿屋で一晩寝ないとね…


【トルコ人による今日の謎の日本語】 
「青山テルマー?」

違いますけど…。